世界のスマートフォン販売台数は、韓国、米国、中国の企業がシェアの大部分を占めている。2018年は、最も出荷台数が多かったのがサムスンで、2位がアップル、3位がファーウェイ、それに、シャオミとOPPOが続いたという。日本企業の技術力は非常に高いにもかかわらず、日本企業がスマホの分野では目立たないのはなぜなのだろうか。中国メディアの今日頭条は21日、その理由を分析する記事を掲載した。

 記事・・・・

続きを読む