結婚をすること、または、生涯独身でいることを、今の時代では自由に選択できるようになってきた。いつから、誰しも結婚することが当たり前でなくなったのだろうか。中国メディア世界華人周刊は、結婚しない日本人が増えていることを紹介する記事を掲載した。

 高度成長期の1970年、日本での生涯未婚率は、男女それぞれ1.70%、3.33%だったが、2019年の現在は23.37%、14.6%を超えた。そし・・・・

続きを読む