中国メディア・東方網は21日、今年第2四半期の日本における携帯電話出荷台数で、ソニーのシェアが最低レベルにまで落ち込んだと報じた。

 記事は、今年第2四半期の日本国内の携帯電話出荷量を見ると、ソニーの市場シェアは「すでに『その他』の中に組み込まれてしまった」と紹介。シェアが最も大きかったのはアップルで、37.8%と2位で国内メーカー最高のシャープの15.9%を大きく引き離し、3位はサムス・・・・

続きを読む