中国メディア・東方網は20日、陸上男子100メートル走で10秒を切る記録を持つ日本人選手2人が、スペイン・マドリードの「アジア記録誕生の地」でのレースに臨むと報じた。

 記事は、25日に開かれるマドリードでの国際陸上大会組織委員会が男子100メートル走の出場者リストを発表したと紹介。14人のエントリー選手の中に、サニブラウン・ハキーム選手と桐生祥秀選手という日本の9秒台ランナー2人が名を・・・・

続きを読む