日本では飲酒運転による交通事故は、重大事故が発生するたびに社会問題化してきた。連日のマスコミ報道や飲酒運転厳罰化の効果などにより減少し、飲酒運転による死亡事故は2000年前後には1,200件を超えていたものが2009年には300件を下回るに至った。現在では、飲酒運転が原因で起こる重大事故の報道は、珍しいものになってきた。

 ところが、未だ飲酒運転による重大事故が絶えない中国では、飲酒運転・・・・

続きを読む