中国メディア・東方網は19日、世界卓球ツアー・ブルガリアオープン女子シングルスで、主力選手が参加した日本勢が「2軍」の中国勢を相手にメダルなしに終わり、両国の実力差が際立ったと報じた。

 記事は今月13-18日に行われた同大会で、中国代表は主力選手が全員出場を見合わせる中で金メダル2枚、銀メダル3枚という上々の結果を収めたと紹介。特に、丁寧選手、劉詩ブン(雨かんむりに文)選手、陳夢選手、・・・・

続きを読む