中国メディア・東方網は13日、日本の農業について、技術や農作物の品質が非常に高いことで知られる一方で、農業従事者の数が急激に減少し、食料自給率も4割に満たない厳しい現実に直面していると報じた。

 記事は、農林水産省が6日に発表したデータで、2018年度のカロリーベースの食料自給率が前年度に比べ1ポイント低下して37%となり、過去最低水準に並んだことが明らかになったと紹介。昨夏の北海道など・・・・

続きを読む