中国メディア・東方網は12日、日本が教育に力を入れ始めたのは近代化、西洋化が急速に進んだ明治の時代に入ってからではなく、その前の江戸時代からだったとする記事を掲載した。

 記事は、世界において一国が台頭するための基本になるのが教育のレベルであると紹介。近代以降急速に力をつけた日本について、明治に入って教育にも力を入れ始めたと考える人が少なくないが、実はそれ以前に普及していた教育の基盤が、・・・・

続きを読む