中国メディア・東方網は10日、中国サッカー・スーパーリーグが佳境に入り、優勝の行方を左右する重要な試合を間近に控えるなか、日本人が主審として笛を吹く可能性が高いとの見方が出ていると報じた。

 記事は、同リーグは残り9節となり、現在リーグ首位の広州恒大と、勝ち点4の差で追う2位北京国安の試合が11日夜に行われると紹介。「恒大が勝ってリードを広げるのか、それとも国安が差を縮めるのか。シーズン・・・・

続きを読む