日本の街中には各所に公衆トイレが存在するが、建物の設計やデザインはそれぞれ異なっているのが普通で、公衆トイレだからといって外観が統一されてはいない。中国人からすると日本の公衆トイレはデザインが秀逸で、創意工夫にあふれているように見えるのだという。

 中国メディアの今日頭条は8日、日本の各地で撮影された公衆トイレの写真を紹介する記事を掲載し、日本の公衆トイレの設計を称賛すると同時に、「日本の公衆トイレは周辺の環境に溶け込むデザインが採用されている」と強調し、中国とは大きく違っていると指摘した。

 記事は、日本の公衆トイレの写真を見せても「多くの中国人はそれがトイレであるとは理解できないであろう」と指摘し、それだけ日本と中国の公衆トイレは外観が異なっていると強調。日本を訪れた中国人旅行客はトイレの快適さを称賛するが、公衆トイレの外観も称賛されるべきであるとし、日本の公衆トイレは周辺の環境に合わせてデザインされていることが多く、緑の多い公園であれば木材を多用した外観を採用するなど、デザインが秀逸であると強調した。

 中国でも近年は「トイレ革命」と銘打って、清潔な公衆トイレの整備が進められているとしながらも、周囲の環境に合わせて外観のデザインを変えるような配慮はあまり見られないことを指摘した。

 記事には中国人ネットユーザーから多くのコメントが寄せられているが、「日本の公衆トイレに比べると、中国は創意工夫が欠けていることが分かる」、「日本は本当に衛生面において死角のない国だ」、「日本はあまり好きな国ではないが、中国が見習うべき点が多い国であるのも事実」といった声があがっていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)