韓国の公正取引委員会は4日、同国の自動車メーカーへの部品納入で談合があったとして、日本企業4社に計92億ウォン(約8億円)の課徴金を科し、一部企業を検察に告発したと発表した。あからさまな報復措置と言えそうだが、中国メディアの今日頭条は7日、これを日韓貿易摩擦の一部としたうえで、全体としては韓国の損失の方が日本よりもずっと大きいとする記事を掲載した。韓国がなぜここまで困った事態になってしまったのか、中国市場を・・・・

続きを読む