中国メディア・澎湃新聞は7日、日本政府による対韓輸出規制強化に反発する韓国市民が同日、ソウルの日本大使館正門を自動車で塞ぐトラブルがあったと報じた。

 記事は、7日早朝に53歳の韓国人男性が日本大使館前に自動車でやって来て、正門の前を約1時間にわたり占拠したうえで立ち去ったと伝えた。そして、男性が「中の人間が出てくるのを阻止するためにやった。日本政府への抗議だ」、「経済戦争を起こした日本に負けないという決心の表れだ」と主張したことを紹介している。

 現場には警察官も駆け付けたが、双方がもみ合いになることはなく、男性は一度引き返すと歩いて再び大使館前にやって来て、「日本は出ていけ」などと叫び、トウガラシの液体が入った袋を地面に投げつけ破裂させるパフォーマンスを見せたという。

 この出来事に、中国のネットユーザーは「この民族はすぐに感情的になるな」、「韓国は民族主義が強すぎる」、「こんなことをして何になるのか。強い経済力と軍事力を身に着けてこそ相手に対して強い姿勢を見せられるのに」、「典型的な韓国的パフォーマンスだ」などネガティブな感想とともに、「愛国的な感情を示すことは褒められるべきこと。中国人も見習うべき」、「ある部分では韓国にとても敬服する」など好意的に捉える声の両方が見られた。

 また、韓国による過激な反日活動の高まりについて、「韓国が日本製品をボイコットする目的は、日本に日本製品を韓国へ供給させるため。滑稽な行動だ」、「韓国市民は、日本が韓国に日本製品を供給してくれるまで断固として日本製品をボイコットするという・・・」など、大きな矛盾を抱えていると指摘する声も少なくない。さらに、「他国の製品のボイコットには概ね、自分たちで生産できないという前提がある。自分たちで品質の優れたものが作れていれば、自然と外国製品は買わないだろうに」という冷ややかな意見を残すユーザーもいた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)