日本と韓国が貿易関連の問題で関係を大きくこじらせている中、米国と中国の関係も再び緊迫化の様相を呈し始めている。中国メディア・澎湃新聞は7日、「今の中国は1985年の日本とは違い、米国が切れるカードは多くない」とする記事を掲載した。

 記事は、米国が先日、「一方的に中国の対米輸出商品3000億米ドル分に10%の追加関税を発動すると発表したうえ、中国を為替操縦国に認定した」としたうえで、中国・・・・

続きを読む