米財務省は5日、中国を為替操作国に認定したことを発表した。中国と米国の対立が激しさを増すなか、中国メディアの経済日報は5日、米国の企みが成功することはないと主張し、米国の判断を批判する記事を掲載した。

 記事は、南開大学の前副校長であるトウ家棟氏の見解として、米国が中国に対して圧力を強めるタイミングはいつも米国経済が比較的好調かつ、中国経済が構造転換などの調整に苦しんでいる時であると主張・・・・

続きを読む