日本では、主食としての米(コメ)の消費量が減退する「コメ離れ」がいわれているが、中国では日本米のような「粳米」(米粒が比較的丸いジャポニカ種)の消費が年々拡大している。すでに、中国は、米の生産量と消費量で世界最大国となっている。この8月16日には、大連商品交易所で「粳米」の先物取引が開始されるが、それを機にコメの流通市場が一段と整備され、コメの生産・消費の拡大に弾みがつくと期待されている。
続きを読む