国内総生産(GDP)は経済成長の速度を理解するための指標となるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本経済の動向を分析し「黄金期と比較すると現在は手に負えないほど、ひどい状態にある」と主張する記事を掲載した。

 記事は、日本経済の黄金期は1980年代だったと伝え、当時の日本は自動車産業、半導体などの分野において米国を追い越し、世界経済を支配する勢いがあったと指摘する一方、現在の日本経済・・・・

続きを読む