中国では朝食を通勤や通学途中に外で食べる人が多い。朝食を提供する食堂や露店が数多く営業しているため、朝食を食べる場所を探すのにはまったく困らない。日本では中国のように朝から営業している飲食店は多くないため、日本人は「どこで朝食を食べているのか」と疑問に感じる中国人は多いようだ。中国メディアの捜狐は29日、日本人の朝食事情を紹介する記事を掲載し、日本と中国の食文化には違いがあると伝えた。

 記事はまず、日本の文化は中国からもたらされたもので、多くの類似点が存在していると伝え、例えば日本では中国と同じように食事で「箸」を使用すると指摘した。だが、日本と中国で異なっているところも多々あるとし、その1つが朝食文化であって、日本の街では朝食を提供する食堂や露店を見かけないと論じた。

 中国人の朝食と言えば、お粥やマントウと呼ばれる蒸しパン、豆乳、さらには「油条」と呼ばれる小麦粉をこねてひねりを加えて棒状に成形して油で揚げたものなどが一般的だ。多くのバリエーションがありが、いずれも消化が良いものが人気となっている。

 記事は、日本で朝食を提供する飲食店が少ない理由として、日本人は自宅で朝食を作って食べる習慣が根付いているほか、前日に購入しておいたものを食べて外出する人も多いと指摘。また、コンビニへ行けばいくらでも食べ物を購入できる、朝食を専門に提供する飲食店に対する需要はほとんどないのだと強調した。

 確かに日本では朝食を外で食べるのはあまり一般的ではないが、喫茶店などでモーニングを提供する店は少なくない。ただ、中国や香港、台湾のように朝早くから地元の人たちで賑わっている食堂や露店がないのも事実だ。中国の場合は朝から飲食店には活気があって、日本の朝とはまったく違う光景が広がっている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)