少子化に伴う人手不足に悩まされている日本では、自衛隊員の募集も困難になっているようだ。国民の自衛隊への関心を高め、入隊希望者を増やすために「萌え」を利用していることは海外でも話題となっているが、夏の時期を利用したアピールもあるという。中国メディアの今日頭条は29日、「日本の自衛隊は若者を引き込むために必死」と題する記事を掲載した。

 記事は、日本を「伝統文化と現代文化の混ざり合った国」と・・・・

続きを読む