日本には外国人から見て変わった食べ物がいくつかあるが、その1つに「生卵」を挙げることができる。海外では、衛生問題などからたまごは必ず火を通して食べるものという認識が一般的で、日本人は怖くないのかと疑問に思われているようだ。香港メディアの星島環球網はこのほど、なぜ日本人はたまごを生で食べられるのか、その理由を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本ではほかほかのご飯に生卵をかけ、醤油を数滴たらすだけで豪華な朝食になることを紹介し、各種丼物にも生卵をかけて食べるケースがあることを紹介。記事では紹介されていないが、すき焼きを食べる時に生卵を使うのも、多くの中国人に驚かれている。

 記事はさらに、日本人がいかに生卵好きかについて「専用の醤油が販売されていることからも分かる」と紹介。店には多くの種類が並んでいて、それだけ生卵が大好きな国民であることが分かると伝えている。

 では、最も心配な「細菌」はどう解決しているのだろうか。記事は、たまごの殻は二層になっており、新鮮なうちは外側の層がサルモネラ菌の侵入を防いでいると伝えた。これは「クチクラ層」という薄い膜のことと思われ、サルモネラ菌だけでなく細菌などの微生物が侵入するのを防ぐ役目をしている。記事は、日本のたまごは新鮮なので、クチクラ層が残っていて細菌の侵入を防いでいると説明している。実際にはスーパーで販売されているたまごのほとんどは、洗卵しているのでクチクラ層は無くなっているものの、殻をきれいに洗浄してから店頭に並ぶうえ、新鮮なので、賞味期限内であれば生食でも安心と言えるだろう。

 記事は、日本では消費者に安心感を与えられるようにたまごを販売していると紹介。「賞味期限」と「採卵日」の書かれたシールが貼ってあるたまごの写真を掲載し、賞味期限は「たまごが生で食べられる期間」のことであり、すべてのたまごはどの養鶏場のどの鶏が生んだかまでさかのぼれると感心している。

 日本では、ここまで安全管理がしっかりしているので生でもたまごを安心して食べられると言えるだろう。その点、海外では日本のような洗浄が行われておらず新鮮でない場合も多いため生で食べるのは危険だ。日本の生卵に興味のある外国人には、是非日本で試してみてもらいたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)