日本が韓国に対して半導体材料の輸出管理を強化したことが大きな波紋を呼んでいるが、中国国内では日本の輸出管理強化によって「日本の技術力の高さ」が改めて明確になったと再評価する声は少なくない。

 中国メディアの環球時報(電子版)はこのほど、中国社会科学院栄誉学部委員で、日本研究所研究員の馮昭奎氏による手記を掲載し、韓国が日本による輸出管理によって「首に根っこ」を抑えられた原因と、日本の「目に見えない強さ」について論じる記事を掲載した。

 記事は、韓国の半導体産業は米国が日本の半導体産業を抑圧した機に乗じて、国の強力なバックアップのもとで急激な成長を遂げ、今では世界の半導体産業で重要な地位を築くに至ったと指摘。しかし、今回の輸出管理強化によって明らかになったように、韓国の半導体産業は材料を日本に依存していたと指摘し、逆に言えば日本は「韓国の半導体産業のアキレス腱とも言える弱点をしっかりと抑えていた」のだと指摘した。

 続けて、日本の製造業はパソコンやビデオカメラなどコンシューマー向け製品だけではなく、部品や原材料、さらには機械や設備など、高い付加価値を持つ基幹部品や製品を世界中に輸出していることを強調。中国のスマホは今、世界で大きなシェアを獲得しているが、そのスマホに使用されている部品の大半は実際は日本メーカーの部品であることを強調した。

 日本企業の材料や部品が世界的に高い競争力を持つのは、日本には「他の国では作れないものを作ろう」という高い志を持った中小企業が数多く存在することや、極めて高い競争力を持った工作機械メーカーが存在することが関係していると主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)