2019年2月、地球から3億キロ以上も離れた小惑星「りゅうぐう」に探査機「はやぶさ2」が着陸に成功したのに続き、7月11日には2度目の着陸と地下物質の採取に成功した。「100点満点で1000点の大成功」と自賛するほどで、中国でもこの功績は称賛されている。中国メディアの今日頭条は24日、このはやぶさに関する記事を掲載した。

 記事はまず、日本の宇宙開発技術について、国際的に見てもかなりの先進的な水準であり、「米国やロシアでさえも日本以上とは言えないほどだ」と絶賛。今回のはやぶさの着陸成功も、日本の持つ非常に高い技術を示しているという。

 はやぶさが地上から3億キロも離れたところにある直径わずか約900メートルのりゅうぐうに接近するのに、探査機の動きをすべて地上のコントロールセンターから指示するのは難しく、動作の多くがロボット自身の判断に委ねられた、と技術の高さを説明している。

 記事は今回の成功を、「人類の発展に寄与するかもしれない」と高く評価。地球の資源に限りがあることを考えると、地球以外の星から資源を調達できる可能性は人類の希望だとしている。また、「能力をひけらかさない」日本の態度にも好感を示した。しかし同時に、日本には「別の目的があるかもしれない」と警戒感を示している。宇宙開発技術は軍事にも応用できる以上、日本に対して注意を怠ることはできないと論じた。

 中国人ネットユーザーの間でも、日本の技術の高さを疑う人はいないようで、記事に対して「もし米国が押さえつけなければ、日本は間違いなく世界一」、「科学技術の高さには震えがくるほど」などのコメントが寄せられ、日本を絶賛している。しかし、同時に軍事面への応用を警戒する人も少なくなかった。中国では、日本の技術に驚き称賛する気持ちと、警戒して恐れる気持ちとが混在しているようだが、今回のはやぶさによるミッション成功は、「太陽系の歴史のかけらを手に入れた」ともいえる人類にとって大きな成果だ。採取したサンプルを無事に持ち帰ることをぜひとも楽しみにしたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)