日本人のマナーを高く評価する外国人は多い。それゆえ海外を旅行で訪れた中国人のなかには「現地のマナーを尊重し、文明的な行動を心がけていたところ、現地の人から日本人と勘違いされた」という体験をする人がいるという。

 逆に、マナーの良くないアジア人は海外で中国人だとみなされるケースもあるようだが、中国メディアの今日頭条は23日、日本人と中国人のマナーに差があるのは民族や国民性の違いによるのではなく、文明化が進んだ時期が早いか遅いかの違いに過ぎないと論じる記事を掲載した。
 
 記事は、交通ルールをよく守り、ゴミ分別を厳格に行い、他人に礼儀正しく、列を作って並び、人にできるだけ迷惑をかけないようにするというこれらの特質は「日本人ならではの特性」として知られていると指摘。しかし、実際には日本人固有の特性ではなく、社会が成熟すれば自然と身につくものであると主張した。

 この見方の根拠として、日本でも列に割り込む人を稀に見かけることがあり、また、出勤時の慌ただしい時間帯では信号無視する人も少なくないという点を取り上げ、もし、マナーの良さが日本人固有の特性なのであればこうした例外は存在し得えず、100人中100人がいつでも良いマナーを示すはずだという見方を示した。

 むしろ、海外から称賛されている日本人のマナーの良さは長年にわたる教育と法整備により獲得したものであると主張する一方、マナーが良くないとされる中国人については、大都市の市民の大部分は交通ルールをよく守り、列に並ぶこともできるとしたほか、信号無視や列の割り込み、ゴミのポイ捨てといった行為も次第になくなりつつあると主張。中国社会も今後さらに成熟していけば人びとのマナーはさらに向上するはずだと主張した。

 中国の都市部で人びとのマナーが向上しているのは事実であり、その理由としては海外を訪れて海外の文化に触れた経験を持つ中国人の増加や、メンツを大切にする国民性といった要素がありそうだ。中国人が海外を訪れることで中国国内の常識が海外では非常識であることを知り、非常識な振る舞いが海外で嘲笑されていることは「メンツの立たないこと」と考え、改善しようとする動きにつながっているのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)