日本を訪れる中国人旅行客のなかにはリピーターとして何度も訪日している人は少なくないが、日本のどのような点が魅力なのだろうか。中国メディアの一点資迅はこのほど、日本のホテルのサービスを絶賛する記事を掲載し、日本から帰国した中国人は皆「日本のホテルを絶賛するが、その理由を聞くと納得せざるを得ない」と指摘した。

 記事は、中国経済が成長するにつれて中国人の余暇の過ごし方は変化しており、旅行に出かける回数が増加していると紹介、多くの人が年に1回の国外旅行を楽しむようになり、「旅行しないことは人生の楽しみを損なっている」と言うほどまでになっていると指摘。国外旅行は費用が高いとはいえ、それだけの楽しみが得られると主張した。

 中国人にとって日本は人気の渡航先となっているが、「世界各国を訪れた旅行好きの中国人ですら口をそろえて絶賛するのは日本のホテルである」と指摘し、その評価の理由を紹介。日本のホテルは「日本人の細部にまでこだわる完璧主義を体現した存在である」とし、その細かな配慮は客が快適に過ごすためであることが宿泊することで実感できると伝えた。

 そして、一番際立っているのは「館内の清潔さ」であるとし、もちろん中国のホテルも専属清掃員がいるとはいえ、清潔さの程度は全く異なり、「畳の目に埃が詰まっていないかまでチェックしている」と驚きを示した。またトイレの清潔さについても絶賛し、「トイレに住みたいと思わせるほど完璧なのだ」と伝えた。

 こうして見ると中国人観光客が他の国のホテルよりも日本のホテルを高く評価しているのは、畳や靴を履き替えるなど日本独特の文化や習慣も関係しているようだ。しかし、習慣の違いがあっても細かな心配りを「快適で居心地が良い」と感じられるのは、日本のホテルのサービスが確かに一流だからなのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)