中国メディア・東方網は24日、ロンドンで行われた陸上ダイヤモンドリーグの男子200メートル決勝で中国の謝震業選手が19秒88のアジア新記録を出したことを報じる一方で、同種目のアジア歴代トップ10には日本人が7人も入っていると報じた。

 記事は、22日に行われた同種目で謝選手が19秒88と20秒を大きく切るタイムを出し、これまでカタールの帰化選手フェミ・オグノデ選手が持っていた19秒97の・・・・

続きを読む