2018年サッカーW杯ロシア大会で、グループステージを突破した日本代表は決勝トーナメント1回戦で強豪ベルギーに2ー3で敗れた。日本代表は試合途中までベルギーを相手に2点をリードしていたが、試合終盤にベルギーのカウンターによって失点し、ベスト8の夢が絶たれたことは記憶に新しい。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本放送協会(NHK)が2018年12月に放送した日本ーベルギー戦の特集番組が今になって中国ネット上で大きな注目を集めていることを報じた。

 NHKは2018年12月、日本代表がベルギー戦で最後に失点したカウンターがわずか14秒の出来事であり、このドラマを「ロストフの14秒」として特集を組んだが、記事はこの特集について「日本代表がカウンターで失点し、試合に敗れた心理的、技術的、戦術的な原因について分析したもの」であると紹介した。

 さらに、わずか14秒の出来事であっても、日本にとっては「振り返りたくない出来事」であるはずだと指摘する一方、特集では28台ものカメラで撮影した映像で徹底的に分析し、欧州のサッカー選手や専門家にまでインタビューを行ったと紹介。14秒間で正確な選択をしたベルギーに対し、日本が守備でミスを重ねてしまったことを敢えて分析した理由は、「再び同じミスを繰り返さないため」であり、こうした姿勢こそ日本のサッカーがめきめきと力をつけてきた理由であると論じた。

 続けて記事は、この特集が大きな注目を集めている中国のネット上において、中国人ネットユーザーたちは「細部まで徹底的に探求する日本人の姿勢に感銘を受けた」、「日本人は同じミスを繰り返さないために努力を重ねる。だから進歩できるのだ」といった声があがっていることを伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)