20日、陸上ダイヤモンドリーグ・ロンドン大会の男子100メートル走決勝で日本の小池祐貴選手が9秒98のタイムで4位に入り、日本人選手として3人めとなる「10秒切り」の選手となった。中国メディア・東方網は21日、中国人選手にとって強力なライバルがまた1人増えたと報じた。

 記事は、小池選手についてもともと得意としていたのは200メートル走だったが、近年100メートル走で大きく進歩し、10秒・・・・

続きを読む