中国メディア・東方網は16日、山東省臨ク県(クは月+句)で重点企業に選ばれた21社の関係者が日本企業から経営の神髄を学ぶ視察旅行を行い、大きな成果を得たと報じた。

 記事は、日本の企業文化や管理モデルを現場で学ぶことで、中国企業のモデルチェンジやグレードアップ、成長の原動力の転換、質の高い発展を実現すべく、同県の重点企業21社が日本に赴き6日間の視察、学習を実施したと伝えた。 続きを読む