日本を訪れる中国人の数は近年、右肩上がりに増えているが、日本は中国人の目にどのような国として映っているのだろうか。中国メディアの快資迅は13日、「日本を訪れた数日間の間に、敬服せざるを得ない設計を見た」と紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本について「初めて海外旅行をする中国人の若者にとって、人気の渡航先の1つ」であるとし、中国人の若者の多くは日本が好きで、日本旅行は大変な人気があると指摘した。それには買い物や日本のグルメ、美しい景色の他にもう1つ人気の理由があると伝え、それは「日本の様々なところで見られる、使う人の立場になって考えられた配慮ある設計やデザイン」であり、それらは「時として美しく、実用的で感心せざるを得ない」と主張した。

 続けて、中国では見られない日本の大小様々な感心させられる設計を紹介し、まず1つ目として「トイレの空席案内」を挙げた。中国にも最近は席数数の多い飲食店などで「空席案内板」を採用する店が増えているが、「どこが空席かが一目で分かって便利だと思っていたが、日本ではトイレに設置されてる場合があるが、どの個室が空いているか一目瞭然」と驚きを示した。

 他にも、「電車の座席の向きを回転させて変えることが出来る」こと、「水洗トイレのタンクの水で手を洗うことができ、それをさらに便器の洗浄水に使っていること」、「タクシー運転手に運転が速すぎることを伝えるボタンが付いていること」などを挙げた。

 記事は、これらは「特にハイテク技術を使っているわけではないが、使う人の身になって考えられた設計であり、初めて目にする中国人に衝撃を与える」と伝えた。中国人たちは日本を訪れた際、中国では見られない様々な「使う人の立場になって考えられた配慮」から新鮮な刺激を受け、同時に羨んでいるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)