中国では「ラーメン」や「チャーハン」、「餃子」はいずれも「主食」として扱われていて、日本のようにラーメンとチャーハンをセットで食べるようなことはまずない。

 日本でもカレーライスとチャーハンがセットになることはないが、中国人からすればラーメンとチャーハンがセットになるのは、カレーライスとチャーハンがセットになるようなものらしい。それゆえ日本を訪れた中国人は「日本では炭水化物と炭水化物をセットで食べている」ということに驚くというが、その一方ではラーメンとチャーハン、あるいは、ご飯をセットにすることは「理にかなっている」と感じる中国人もいるという。

 中国メディアの快資訊はこのほど、中国人にとって「日本人がラーメンとご飯をセットにして食べる」ことは不思議でならない光景であると指摘する一方で、日本のラーメンを食べてみれば「ご飯をセットにすることは理にかなっていることがわかる」と論じる記事を掲載した。

 記事はまず、ラーメンが中国発祥の料理であることを強調する一方で、日本に伝わった後に「大きな変化を遂げた料理」であると指摘し、今や日本のラーメンと中国のラーメンは全く別物と呼んでも差し支えないほど違う料理であることを強調。そして、日本の飲食店でラーメンとご飯、あるいは、チャーハンがセットになったメニューが存在するのは、日本のラーメンのスープに理由があるのではないかと考察した。

 続けて、日本ではスープにこだわったラーメンが多く、そのスープは非常に美味であると指摘。だが、いくら美味しくてもスープだけを延々と飲み続けるのは難しく、スープを残してしまう客が多いはずだと指摘する一方、ラーメンにご飯をセットにすることで美味しいスープを残さずに平らげることができ、「資源の浪費を防止することにつながっている」と主張した。

 記事は、中国では近年、食品の廃棄が増えていて、資源の浪費が深刻になっていると指摘する一方、ちょっとした工夫でその浪費を防ぐことができると主張、「ラーメンにご飯をセットにすることは浪費を防ぐという点で、理にかなっている」と論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)