中国メディア・東方網は9日、東京五輪に向けて中国の牙城を崩すべく日本勢が急速に力をつけてきた現在の卓球界の世界情勢について、日本の指導者が「寂しい」と語った理由について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本卓球協会の宮崎義仁強化本部長が先日世界の女子卓球の構図について評し、以前に比べると強弱の差がさらに拡大する一方、日本が頭角を現し始めており、現状ではすでに日中の覇権争いの時代に入った・・・・

続きを読む