サッカー女子W杯において日本と同様にベスト16で敗退しフランスをあとにした中国女子サッカーナショナルチームは、帰国後すぐの7月4日、杭州のアリババ本社を訪れた。

 中国メディアの界面によれば、これはアリババ社の馬雲会長による招宴に出席するためで、選手たちは馬雲会長を笑顔で「馬パパ」と呼び、馬雲会長はナショナルチームFWの王霞選手とリフティング競争に興じたという。

 翌・・・・

続きを読む