昨今、日本でブームになっているタピオカミルクティー。専門店が続々とオープンし、若い女性を中心に人気の商品を買い求める長蛇の列をしばしば見かける。一方で、飲料としてはかなりボリュームが多いことから、飲みきれずに残してしまう人も少なくないようである。

 中国メディア・東方網は7日、日本で人気のタピオカミルクティーを巡って思わぬ騒動が起きており、ブームの裏で「公害」が生じつつあるとする記事を掲載した。

 記事は、日本におけるタピオカミルクティーの流行ぶりについて、さまざまな専門店が続々オープンする、テレビをはじめとするメディアが特集を組む、ブラックタピオカを使った様々な飲料や食べ物の派生品が登場するといった内容を紹介した。

 その一方で、東京の繁華街では飲み残したタピオカミルクティーが容器ごと路上に放置されていたり、缶やペットボトルの回収ボックスに突っ込んだり、入りきらずにボックスの上に置かれていたりという現象が目立つようになったとしている。

 そして、日本のネット上ではこの状況に対する強い反発が出始めており「飲みきれないなら買うな」といった意見が寄せられたほか、来年の東京五輪を前に国民のマナーが疑われる、ごみ捨ての罰則についてシンガポールに学ぶべきだと言った声が出たと伝えた。

 さらには、日本のタピオカミルクティーブームについて「みんなそもそもタピオカミルクティーがそんなに好きなわけではなく、単に流行に乗っかりたいだけなのだ」との指摘まで見られたと紹介している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)