日本経済は1968年に国内総生産(GDP)で世界2位となって以降、42年間にわたってその座を維持してきた。バブル崩壊後に経済成長が低迷したことで、2010年に中国に世界2位の座を譲ることになったが、日本は今も世界3位の経済大国であり続けている。

 中国メディアの快資訊は3日、日本は今も世界第3位の経済大国であると指摘し、「しかも日本はバブル崩壊以降は経済の低迷が続いている国だ」と強調、そ・・・・

続きを読む