世界の製造大国から製造強国への転換を目指す中国だが、その道のりは簡単ではないようだ。中国メディアの今日頭条は29日、中国の製造業は、日本と比べるとずっと遅れているとする記事を掲載した。

 記事によると、日中の差は生産量ではなく「付加価値にある」と分析。日本の場合、少ない人件費でより付加価値のある製品を製造できているため、その差は「一目瞭然」だという。中国も安い労働力に頼る時代は過去のもの・・・・

続きを読む