中国の前国家主席である胡錦濤主席は2004年、調和のとれた社会を目指すとして「和諧社会」というスローガンを打ち出したが、中国国内では「調和のとれた社会」という点において、「日本こそが和諧社会である」との意見が見られる。

 たとえば、華為技術(ファーウェイ)の創業者兼CEOである任正非氏は日本メディアの取材に対して「日本は調和のとれた社会の良い例である」と語っているが、日本を訪れた中国人旅・・・・

続きを読む