中国メディア・東方網は26日、東京五輪に向けた「練兵」を主な目的としてサッカー南米選手権に参加して2分け1敗という成績を残した日本代表について、この大会で得たものについて論じる記事を掲載した。

 日本はグループリーグを2分け1敗で終え、ベスト8進出はならなかったが、20年前に初参加した際には1つ引き分けるのがやっとだったことを考えれば進歩したと言えるとした。そのうえで、「練兵」目的で若い・・・・

続きを読む