近年、中国から東南アジアへと工場などの生産拠点を移転させる企業が増加している。中国メディアの捜狐は19日、日本の大手メーカーが中国から撤退し、東南アジアへと工場を移転させていると伝えつつ、「なかには移転したことを後悔する企業もある」と主張する記事を掲載した。

 記事は過去40年間を振り返り、「中国の経済成長に伴い、海外の企業は中国の潜在力に注目し、中国に積極的に進出してきた」と紹介。特に・・・・

続きを読む