中国メディア・東方網は22日、「日本の青少年サッカー育成は、サッカーが最良の人格教育であることを証明している」とする記事を掲載した。

 記事は、物質的な環境がますます豊かになり、人びとが精神文明を重視している現在においてサッカーが多くの人から信奉されているとしたうえで、「それは、サッカーが世界各国において最良の人格教育の手段と考えられているからなのだ」とした。

 そして、サッカーという競技は人の団体精神、他人を配慮する心を培うとし、特に日本のチームの試合を見ると「完全の1つの集団として戦っていることがはっきりとわかる。チームワークやコンビネーションはアジア随一であり、勝手なプレーをする『問題児』が出てこないのだ」と説明。このような戦いができるのは、ユースの段階から細やかな教育、育成をしているからなのだと論じている。

 また、日本の青少年のサッカー練習では、練習終了後に子どもたちがさっさと家に帰るのではなく、道具を使ってグラウンドの土をならし、ゴールなど練習で使った器具を元の場所に戻し、練習開始前の状態を再現してから帰ると紹介。こういった細かい部分をしっかりやらせることで、子どもたちの技術向上と同時に「自分は集団の一員であり、常に他人のことも考える」という意識を育むことができるのだとした。

 記事はさらに、日本のサッカー教育界では「絶対に功利を急いではならない」という考え方がしっかり浸透しているからこそ、子どもたちもサッカーと真剣に向かい合うことができ、お金儲けや名声を得ることを最優先させるような人間にはならないのであると伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)