中国メディア・東方網は21日、「日本人は、本当に礼儀正しいのか」とする記事を掲載した。記事は「日本に行ったことのない多くの人が、日本人は本当にみんなが言っているようにとてもモラルがあり、民度が高く、ルールをしっかり守るのかという疑念を抱いている」としたうえで、実際に東京で見てきた様子に基づいてその「答え」を論じている。

 まず、日本人のモラルや民度の高さは単に道徳的な観念にとどまらず、しっかり行動になって現れると紹介。その一例が、みだりにゴミをポイ捨てすることなく、決められた場所にちゃんと捨てるか、家に持ち帰って捨てるかすることであるとした。

 また、赤信号での歩行者の横断が日本ではほとんど見られず、みんなが自覚的に信号待ちをしていると説明。中国でも以前に比べれば交通マナーが改善しているものの、それでも日本の状況にはまだまだ及ばないと伝えている。

 さらに、街にしろ乗り物の中にしろとても静かで、話をするにも声の大きさに気を付けるとした。また、多くの人がイヤホンやヘッドホンの音漏れにちゃんと気を配る、すれ違ったときに会釈をするなど礼儀を疎かにしない、特に改まった場においてテーブルマナーを重んじるといった事象が見受けられると紹介した。

 記事は「日本で見られるこのような行為が日常的に繰り広げられていることが、この国の経済発展と密接にかかわっていることが見て取れる。そして、日本人は種々の規則の存在によって、安心感、安全感を持っていることも見受けられる」と評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)