2019年4月の日本人出国者数を見ると、韓国が29万人で最多となり、台湾が16万6000人、香港が10万5000人と東アジアの国や地域が上位を占めているが、中国はここに入っていない。現在、中国はビジネス目的で行き来をする日本人は多いものの、旅行先としては決して人気とは言えない状況となっている。しかし、中国メディアの今日頭条は15日、中国を訪れた日本人が中国を絶賛したことについて紹介する記事を掲載した。 ・・・・

続きを読む