JR東海は6日、東海道新幹線の新型車両N700Sを時速360km以上で走行させる試験を公開した。この出来事は中国も報道されたが、中国ネットユーザーたちからは日本の新型車両の走行速度が中国高速鉄道の最高営業速度350kmを上回ったことに対して様々な反応が見られた。

 特に、「時速360kmの走行速度はとっくに中国もクリアしている」という声のほか、「中国高速鉄道は技術面で日本をリードしている・・・・

続きを読む