同じ場所で生まれ育って身についた「当たり前の習慣」は、ほかの地域や国では必ずしも当たり前ではない。それに気づくのは、それまで暮らしていた場所を実際に離れた時だ。中国メディア・東方網は9日、日本に行く前に知っておくべき、中国と日本とでは正反対な生活習慣を紹介する記事を掲載した。

 記事は、「日本はわれわれと同じアジアにある隣国どうしだが、生活習慣上の違いは思ったよりも多い」としたうえで、代表的なもの、象徴的なものをいくつか紹介している。

 中でも、飲食に関する習慣の違いが目立った。まず中国の水道水は直接飲めないが、日本の蛇口から出る水は直接飲むことができるとした。また、水を飲む習慣ではさらに、日本人は冬でも冷たい水を平気で飲むが、中国人は常温やお湯が基本だと説明。さらに、冷たい物を受け入れるかどうかの違いは水だけでなく食事でも同様の傾向がみられると紹介した。

 さらに食習慣では、日本人は卵をはじめとして生食を好む傾向にあるが、中国人はしっかりと火が通ったものを食べるとしたほか、ギョウザを主食と捉える中国人と、おかずと捉える日本人の違いにも言及している。

 縁起に関するものでは、中国で花輪を送るのは葬儀の時に限られるのに対し、日本では葬儀で白い花輪を送るだけでなく、店の新規開店などおめでたい時にも赤や暖色系の色を用いた花輪を送る習慣があるとしたほか、日本では祝儀やプレゼントなどを用意する際に奇数を好む傾向があるのに対し、中国では偶数や一対になるものが好まれると伝えた。

 このほか、日本の試験などでは「チェック」マークは誤答を示すのに対し、中国では正解を示す、バスを降りる際に日本では車が止まってから席を立ち、中国では停車前から出口に人が群がる、カップ麺の中にフォークが入っているのが中国、入っていないのが日本だと紹介している。

 そして、最後に「中国では自分の誕生日に友人に食事をごちそうするが、日本では誕生日に食事を奢ってもらう」という大きな違いにも触れた。このような習慣は人それぞれ、という部分もあるが、もし中国で暮らすことになった中国人の友人ができた場合、自分の誕生日には少々気を付けた方がいいかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)