中国では近年和食に注目が集まり、国内に多くの日本料理店や日本風の居酒屋が出現した。しかし、異国の地にある居酒屋と、日本の街に佇む居酒屋ではその味わいは大きく異なるようだ。中国メディア・東方網は8日、日本独自の居酒屋文化について紹介する記事を掲載した。

 記事は、「みんな知っての通り、日本人はお酒の好きな人が多い。ドラマを見れば、男女を問わず家に帰ると缶ビールなどを飲むシーンに出くわす。そして、一般市民が普段お酒を飲む場である居酒屋も街にたくさんあり、どこへ行っても居酒屋を探すのは難しいことではないのだ」と紹介した。

 そして、日本の居酒屋には入口に大きな赤ちょうちんが吊り下げられ、そこには居酒屋の名前などが書かれいるほか、扉の前には暖簾が掛かっていると説明。個人経営の小さな居酒屋は店の中が非常に狭く、厨房を囲むように設置されたカウンターに数人が座れる程度であるとした。

 また、小さな店は主人1人で切り盛りしているところも多く、こういった店では「料理を催促することなく、酒をゆっくりと飲みながら夜の時間を楽しむのが一番の過ごし方だ。この雰囲気が一番好きだ」としたほか、出されるメニューは少ないものの、しばしば主人がサプライズの料理を出してくれる点も、まるで宝探しのようで大きな魅力だと伝えている。

 さらに、居酒屋のレベル知るにはやはり基本的な料理の味を確かめるべきだとしたうえで、居酒屋で供される酒にピッタリの料理を紹介。たこぶつやしめさば、天ぷら、モツなどの味噌煮込み、おひたしなどを列挙し、最後に最も人気のある料理としてハムカツとポテトサラダを挙げた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)