以前、神奈川県のJR鎌倉駅で、改札口の上に作られたツバメの巣を守るために真下の自動改札レーンをしばらく閉鎖したことが中国のネット上でも話題となったが、今度は大阪でツバメに「賃貸物件」を提供する不動産屋が出現したことが紹介され、注目を集めた。中国メディア・東方網が7日伝えた。

 記事は、大阪府豊中市にある不動産代理店が、自動ドアの上部センサー部分に作られたツバメの巣の横に「つばめ専用賃貸1・・・・

続きを読む