見知らぬ土地へ旅行した際、見慣れない光景に驚くことは誰にでもあることだ。訪れたのが外国で、その土地の言語を理解することが出来なければ、なおさら不思議であると感じるだろう。日本を訪れた中国人のなかには、公衆トイレや会社内のトイレにある「表示」に驚く人も多いという。

 中国メディアの捜狐は4日、日本のトイレには「トイレ内で飲食してはいけない」という表示がなされているケースがあることを紹介する記事を掲載した。中国人からすれば、「そんな張り紙をしなくても、誰もトイレで飲食などしないのではないか」と思いがちだが、実際に日本のトイレでそのような表記が見られる理由について考察している。

 記事はまず、多くの中国人は日本について「街全体が清潔に保たれている」と伝え聞いていると紹介し、近年では実際に多くの中国人が日本を訪れて、その清潔さを実感していると紹介。一方で、日本の公衆トイレでは非常に奇妙な表示を見かけると伝え、その表示とは「トイレ内で飲食してはいけない」というものだと紹介、多くの中国人が「トイレ内で誰が飲食するのか」と疑問に思ってしまうと論じた。

 続けて、日本で「トイレ内で飲食してはいけない」という表示が存在する理由として、日本のトイレは清潔に保たれていて、居心地が良いため長居する人がいて、なかには本当にトイレで食事をとる人もいるためであると伝えた。また、日本人は学校や職場で大きな圧力やストレスを感じていて、仕事や勉強、仲間や同僚からの視線から逃れたいと考えているため、トイレの個室はちょうど良い「避難所」なのだと分析した。

 では、中国の公衆トイレ事情はどのようなものなのだろうか。いわゆる「ニーハオトイレ」と呼ばれる仕切りがない公衆トイレは数が少なくなっているものの、一般的に中国の公衆トイレは非常に汚く、アンモニア臭が充満していて、とても飲食ができる環境ではない。それゆえ、日本のトイレにある「飲食禁止」の表示に多くの中国人は驚くのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)