中国メディア・東方網は6日、日本でも知名度が高い台湾の人気女優・林志玲(リン・チーリン)さんがEXILEのメンバーAKIRAさんとの結婚を発表したことを報じた。

 記事は、「6月6日に女神・林志玲が結婚を発表して人びとを大いに驚かせた」とし、林が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に掲載した手書きによる結婚発表コメントと、中国のネット検索ランキングで「林志玲結婚」が1位になったことを紹介した。

 そして、林さんについて「1974年生まれで今年45歳になるが、今もなお艶やかな美貌と非凡な気品を保っている。これまでずっと独身を守ってきた『女神』がついに嫁ぐ日がやってきたことに、多くの人が複雑な思いを抱いたことだろう」とした。

 また、結婚相手のAKIRAさんについては「81年生まれで林より7歳若い。『姉さん女房』になるが、身長185センチの筋肉質なボディは、大きな安心感を抱かせる」と紹介した。

 さらに、2人が8年前に舞台「赤壁・愛」で共演したことをきっかけに知り合ったと説明。「林が絶世の美女・小喬を、AKIRAが周瑜を演じており、林はこの舞台のために2カ月に及ぶ日本語と舞台動作の特訓を受けたという。以後2人は連絡を取り合うようになり、交際を始めたようだ」と伝えた。

 記事はこのほか、これまで長きにわたり交際が噂されてきた台湾のアイドルグループ「F4」メンバー言承旭(ジェリー・イェン)さんについて言及。「多くの人が林の結婚相手が言でなかったことを残念に思ったかもしれない。何と言っても2人はお似合いのように見えたからだ。今年1月にはネット上で2人がよりを戻すという情報も流れていたが、それは幻と消えた」としたうえで、「時として、縁というものは本当に軽く見てはならないものなのだ」と評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)