急速な経済発展に伴う産業構造の転換を進める中国はこれまで長きにわたり「世界の工場」と称され続けてきた。一方、日本の製造業は戦後各種産業において着実に技術を身に着け、品質の高さで世界から評価を受けてきた。中国メディア・新浪は3日「日本と中国では、どちらが製造業が強いのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「この問題を議論すると、中国国内では大きく2つの見方に分かれる」とした。そして、「日本・・・・

続きを読む