中国メディア・東方網は3日、中国では今や電気自動車が非常に多く見られるにもかかわらず、日本ではほとんど見られない理由について考察した記事を掲載した。

 記事は、中国では純電気自動車がますます消費者から喜ばれており、国内の大小さまざまな通りで電気自動車の姿を見つけることができるとする一方、「不思議なことに、日本の道路では純電気自動車を見つけることが難しいのである」と紹介。日本と中国で大きな違いが生じた理由についていくつか挙げている。

 まず、資源の少ない日本では何事においてもコストパフォーマンスを求める傾向があるとし、電気自動車に用いられる電池ユニットの製造には大量のエネルギーを必要とする点で日本人の考え方に遭わないと説明。また、電気自動車の普及には相応のインフラを整える必要があることも相まって、日本では急速に電気自動車を普及させることは理にかなっていないとの見方が大勢を占めていると伝えた。

 続いて、電気自動車も見た目は化石燃料を必要とせず、環境に優しいイメージがあるが、モーターを動かすには電池ユニットに電力を供給する必要があり、火力発電を用いれば結局従来の化石燃料車と同じことになると解説。さらに、電池ユニットの製造による環境汚染も決して看過できないため、純電気自動車の普及にあまり積極的でないとした。

 さらに、日本の自動車市場では電気自動車ではなくハイブリッド車が非常に高い人気を集めていると指摘。ハイブリッド車は燃費の良さ、性能の高さといった点で非常に優れているため、日本のメーカーもハイブリッド技術の開発に重点を置いていると紹介した。

 記事は「日本は、自国の国情を鑑みたうえで、電気自動車に代わる優れたエコカーの方式を持っているために、中国のように電気自動車が爆発的に普及しないのだ」と結論づけている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)