日本人と中国人の考え方や習慣などは大きく異なっていて、似ているのは外見だけと言っても過言ではないほど多くの違いがある。中国メディアの捜狐は2日、中国人から見た「日本人と中国人の違い」について考察する記事を掲載した。

 記事はまず、日本を訪れた中国人が最初に驚くことは「日本の清潔さ」であり、その清潔さをもたらしているのは「日本人の1つのことに対する追求ぶり」であると指摘。日本は学校でも会社でも工場でも、どこを訪れても非常に清潔であることを指摘し、これは清潔さを保つために「徹底した取り組み」を行なっていることを意味すると伝えた。

 さらに、中国では都市の中心部や外国人が多く訪れる場所は清潔に保たれるようになったとしながらも、そうでない場所は決して清潔とはいえず、地域間での差は非常に大きいと指摘する一方、日本はどこを訪れても清潔なのは驚きであると強調。日本では中国のように空気の汚れを実感することはなく、道路を見れば多くの車が走っているのに黒煙を撒き散らして走る車は一台もないと指摘した。

 それゆえ、日本のような環境で暮らす日本人には中国に存在する「地域による差」は想像できないだろうと主張する一方で、「環境を清潔に保つ」という一見すると簡単なことを中国人ができないのは「日本人のように徹底して取り組む」ということができていないためであると強調した。

 記事は、「清潔さ」を例に挙げて考察しつつも、日本人と中国人の違いは「1つのことを徹底して追求できるかどうか」であると指摘し、その違いが清潔さという目に見えるものとなって顕在化しているのではないかと考察している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)