中国では数年前から「精日」という言葉が聞かれるようになった。これは、「精神日本人」の略で、精神的に自らを日本人とみなす中国人の若者を指す言葉だ。しかし、中国では王毅外相が「精日は中国人のクズ」と発言したり、各地の戦争遺跡で旧日本軍の軍服を着て記念撮影した若者が当局に拘留されるなど、中国国内では「精日」は批判の対象となっている。中国メディアの今日頭条はこのほど、「精日は愛国精神に反する」と非難する記事を掲載した。

 記事はまず、精日について「日本を極端に崇拝し、気持ちのうえで日本人になっている人」と定義。精日は旧日本軍による中国侵略の事実を否定し、あの南京大虐殺でさえ事実ではないと主張し、現実を直視しないと厳しく批判した。

 また、日本人を優秀だと盲目的に崇拝し、強い民族が弱い民族の進歩を助けようとしたのだと戦争を正当化し、美化することまでしていると記事は強く非難した。これは、中国の歴史を否定する、同胞を敵視し侮辱さえする極端な行為であると主張している。

 記事は、中国国内に精日がいることを問題視し、愛国教育を強化するように求めて締めくくった。日本文化を好み、日本を高く評価する中国の若者がいるというのは日本人からするとうれしいことだが、旧日本兵のコスプレは日本人からしてもやや理解に苦しみ、激しい中国批判をする人に当局が危機感を抱くのも中国からすれば当然と言えるだろう。

 では、精日について中国国民はどう感じているのだろうか。記事に寄せられたコメントを見ると、大部分の中国人は「歴史は否定できないが、日本の良いところは認めて学ぶべき」と考えていることが分かる。また、精日の線引きがあいまいで困惑している人もいるようだ。中国人の多くは理性的だが、中国としては国内批判を避けるため、敏感にならざるを得ないようである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)